女性の興奮剤代替療法は安全ですか?

最新の梅奥深い臨床の綜は言及することに当たることを述べて、女性の興奮剤代替療法はおそらく人々までの考えたもののようでなくてリスクがそんなにあります。これは于を報道すると発見することを研究する、3月5-8の号がサンジエゴに開かれる内分泌協会の総会。

この項目が新しい梅奥深い臨床研究は結局43個の興奮剤療法のランダムに実験したデータを照合することから来ます。実験は5万2千人を召集して、年が50歳と50歳以上の女性にあります。研究者は見つかる、雌の興奮剤単独の療法であることにも拘らず、それとも雌の興奮剤と黄体興奮剤の連合した療法は、全部いかなる病因かに影響して死亡したリスクを引き起こすことができなくて、特に心臓病で、中風とがん。

梅奥深い病院の研究者のKhalid Benkhadraの医者から来て話す、”この項目は当面の最新証拠を提供したことを研究して、女性は興奮剤代替療法を受け取っていかなる病因かを増やすことができなく死亡したリスクを引き起こします。”

アメリカがん協会医学副主席のLen Lichtenfeldの医者は話す、”この項目は研究しておそらく人々に少しの慰の籍をもたらして、興奮剤代替療法は人の寿命を短縮することができません。しかし、興奮剤療法の少しの悪い影響は依然として重視を引き起こす必要があります。当面の医者と患者はアメリカのFDAのおすすめの治療方策を厳格に守るべきで、さらに研究が見つかることがあることに至ります。ただ厳しい更年期症状の患者がいて興奮剤代替療法を使用することに対して、そのうえ出来るだけ低用量を使用して最短で時間を治療すると、FDAの治療方策は。

From 女性用興奮剤、性力剤タイプの紹介, post 女性の興奮剤代替療法は安全ですか?

ˆ Back To Top