女性興奮剤が検出の難易度

女性興奮剤は1項の難易度であることを検査して高い、責任が非常に重大である仕事。その難易度表現在以下の何カ所かの方面:

1.女性興奮剤とそれの物を代謝する種類は多くて、大きく変化して、使用禁止した100あまりは薬物原の体あるいは1個あるいはいくつかによって産物を代謝する形式上の存在と人体体液中を植えて、そのため、検査する必要があり確証した化合物とどれだけか何百種か達します。それ以外では、女性興奮剤用後の違った時間は、これらの化合物の濃度不断の発生は変化して、体外を排出することに至る。

2.薬物人体体液にある濃度は低くて、薬物人体体液にある濃度はしばしばナノグラム(即ち10億分の1グラム)あるいはさらに低い水準で、そのため検査することに対した鋭敏さは要求して高いです。1個を打ってたとえば、もし1個の25にあって、50 mの標準的プール中は1勺の砂糖に加入して、1カ所池の何でもにあり全て砂糖の存在に測定することができることを要求する。

3.正確な定性と定量を要求して、いささかの手抜かりと錯誤があることがあり得ません。女性興奮剤の検査は作業して選手の運動寿命に法的責任を帯びます。検査者はそれぞれの1種の女性用興奮剤の落とし穴した薬物に動力学とスペクトル分析した全面熟練した理解があることと十分な分析を代謝して資料を参考しなければいけないです。だから、正確な定量と判断が許可した水準を超過したことであるかどうかが要って、1項の難易度比較的に大きい仕事です。

From 女性用興奮剤、性力剤タイプの紹介, post 女性興奮剤が検出の難易度

ˆ Back To Top